歯を自宅でホワイトニングの危険性と注意点|ホワイトニング前に知りたい

自宅で歯のホワイトニングを行う前に知っておきたいホームホワイトニングを行う時の注意点や危険性を紹介します。また、自宅でほぼ無料で歯のホワイトニングが出来る人気の方法も紹介しています。歯を白くしたい人が参考になる情報を集めています。

タグ:自宅

自宅で歯のホワイトニングの効果

歯を自宅でホワイトニングする方法は、ホームホワイトニングと言われ歯科医でもお勧めな方法です。
ホームホワイトニングは自宅で寝ながら出来るので手軽にできるホワイトニングです。
自宅で行う場合は、専用のマウスピースを作成しますが、意外な落とし穴があり継続できないので、せっかくのマウスピースが無駄になるケースがあります。

ホームホワイトニングの人気の秘訣

歯を白くしたい人は、歯科医で行うオフィスホワイトニングが一番お勧めな方法ですが、金銭的に高額になる欠点があります。
オフィスホワイトニングと比べると安くできるホームホワイトニングは、歯医者の立場から見た場合は、特別な機械も必要ないので設備投資をせずに歯の方を取るだけで、他の患者への影響も少ないので多くの歯科医がお勧めします。
多くの歯医者が勧めるので人気になっている訳です。

自宅でホワイトニングをする時のメリット

自宅で自分の歯をホワイトニングする場合は、専用のマウスピースを作成すれば、審美歯科などの歯医者で行うオフィスホワイトニングよりも安く歯が白くできるのがメリットです。

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングは時間が掛かる

ホームホワイトニングのデメリットは、歯医者の医師が行うオフィスホワイトニングと比べると使う低濃度の薬剤です。
この為、歯が白くなるまでに数週間から1ヶ月、2ヶ月と長期間、継続して行う必要があります。
毎日、時間を掛けてホワイトニングを行っている割に歯が白くならないです。

期間中は食べ物に注意が必要

薬剤を使ってホワイトニングを行う場合は、ホワイトニングをした後の24時間は、逆に歯に色が付きやすくなります。
この為、自宅でホワイトニングをした日は、着色性の食品であるコーヒー、ウーロン茶、赤ワイン、カレー、ブルーベリー、キムチなどの食品を食べると、逆に歯に色が付いてしまうので食べれません。
毎日、ホワイトニングを行うと、毎日、厳しい食事制限が必要です。

ホワイトスポットの白い斑点が出来る

ホームホワイトニングは、マウスピースを使い、まとめて歯を白くします。歯科医で行うオフスホワイトニングなら1本1本の歯に合わせたホワイトニングが可能です。
しかし、全ての歯をまとめて白くするホームホワイトニングは、ホワイトスポットと言われる白い斑点が出来る事があります。
ホワイトスポットは、何からの原因で石灰化できない部分がホワイトニングで白い色が部分的に白くなってしまいます。

ホームホワイトニングの危険性・注意点

虫歯がある場合の危険性・注意点

歯科医が行うオフィスホワイトニングの場合は、虫歯の部分を避けてホワイトニングが可能です。
しかし、自宅で歯を白くするホームホワイトニングは、虫歯の部分を避けては行えません。
もしも、ホームホワイトニングを虫歯がある歯に行うと、歯の神経が炎症を起こしてしまし激痛になる事があります。

高濃度の薬剤を利用する場合の危険性・注意点

ホームホワイトニングを行う時に20パーセント以上の高濃度の薬剤を使った場合は、歯茎に薬剤が付いただけで炎症を起こしたり、歯茎が下がる場合があります。
また、30パーセントを超える薬剤はアメリカでも家庭では使わない歯科医で使う専用になっているので、使い方を間違えると歯や歯茎に大きな影響が出るので個人で使ってはいけません。

安いホームホワイトニングは絶対に使わないで

安価なホームホワイトニングを行う方法では、簡易型のマウスピースを自宅でお湯で作るモノがあります。
このような簡易型のマウスピースを使うと、薬剤が漏れて危険です。


歯を自分で重曹ホワイトニング

重曹でのホワイトニングが人気

ホームホワイトニングのような特殊な薬剤を使わない歯を白くする方法としては、重曹で歯を磨く方法が人気です。
しかし、歯を毎日、重曹で磨くと、確かに歯は白くなりますが、重曹の研磨剤で歯の表面が削られて歯がボロボロになるのでこの方法は使わないでください。

重曹のうがいが安全で人気

重曹でうがいするとは、水100CCに小さじ半分の重曹を入れて良くかき混ぜて重曹水を作って約30秒うがいをするだけです。 重曹水を使ったうがいをした人には、以前よりも気持ち黄ばみが取れたという人がいます。

重曹水のうがいもやり過ぎは注意

重曹水でうがいをすると歯の黄ばみが取れてきたと人気ですが、重曹水に蛙を入れて煮込むと皮膚や筋肉などが溶けて骨だけになります。 これは、重曹水によって皮膚や筋肉などを溶かす効果があるからです。 この為、重曹水を使いすぎると歯茎がボロボロになる可能性があるので注意が必要です。

自宅で安心して歯を白くする方法

自宅でホームホワイトニングは、長期間の時間をかけてもなかなか歯が白くならないうえに、炎症を起こす危険性があります。
重曹を使ったホワイトニングは、安いのがメリットですが、歯医者で指導してもらえないので使いすぎると歯や歯茎がボロボロになります。
重曹の危険性は、研磨剤が入っている点で、重曹は非常に小さな粒なので研磨力が強いので歯が白くなるのですが、効果があり過ぎて危険です。

コレなら安心・安全

安心して自宅で歯を白くする為には、研磨剤が入ってい無い歯磨き粉を使うのがお勧めです。
歯に悪い研磨剤以外にも漂白剤や発泡剤が使われていないので、安心して使える歯磨き粉を試すと安全でお勧めです。
もちろん、安全で安心なので、効果は賛否両論です。
でも、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングよりも全然安く安全、さらに重曹よりも安心なので試してみる価値はあると思います。


▼研磨剤不使用!自宅でお手軽ホワイトニング【安心・安全】▼



自宅でホワイトニングを行う事ができる「FAST WHITE(ファストホワイト)」などのホワイトニング用品は、海外のドラッグストアで販売されているホームホワイトニングです。

「FAST WHITE」は、日本では許認可されていないので、アメリカなどから個人輸入で購入する必要があります。

FAST WHITE(ファストホワイト)とは

FAST WHITEは、短期間で、自宅で自分で歯を白くする事ができるホームホワイトニングシステムです。
使用は、1日に30分間、約5日使用します。
付属のトレイは歯にフィットするのでホワイトニングジェルの効果が期待できます。
その効果はプロキサイドと言う薬剤が漂白作用をもつ過酸化物が入っており、アメリカの歯科医師が、その効果を認めているホワイトニング商品です。
付属品には上下の歯用の2つのトレイと練習用の合計3つのトレイが付いています。
FAST WHITEの一番の特徴は、価格が安い点です。

FAST WHITEの感想

FAST WHITEは、自分で歯型を取ってマウスピースを作成するタイプのホームホワイトニング商品です。
自分でキチンとマウスピースを作成できれば問題なく使えますが、このマウスピースの作成を失敗すると、ホワイトニングの薬剤が歯茎に付いてしまいます。
この薬剤が付くと歯茎に激痛が走ります。
激痛のあまり口が閉じれないほどです。
薬剤が歯茎に付くと、歯茎を傷めてしまうので、歯医者に行ってホームホワイトニングセットを購入する方が安全です。
もちろん、それなりに費用は掛かりますが、安さで口の中をボロボロにすることを考えると安全性を優先したいですね。


↑このページのトップヘ